こんにちは、後藤 兼位 (ごとう かずひこ)でございます。

2018年 新年明けましておめでとうございます。
輝かしい新年を迎え、謹んで皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
 日本全体がデフレ経済と「雇用不安」、「少子高齢化」による、閉塞感が社会全体を漂い不透明な時代感を強くしていた中、東日本大震災が日本を襲い、日本がこれから衰退を一層加速させるのか、それともこれを乗り越え新たな発展を実現していくのか。いま問われています。
 私は従来から抱いている理念や哲学に基づき、より良い社会を築くべく、皆さんの先頭に立って「ふるさとを取り戻す」、そして「新たな石巻の創造」をめざし『一意専心』市民のために全力で取り組む決意です。今年も、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。

私は、いま、地方政治のキーワードは、『地方分権』『情報公開』『説明責任』だと考えます。これらをとらえて、私の政治理念である、「命」と、「心」と、「絆」を大切にする『ま心の政治』を忘れることなく『弱者の視点に立った政治』『市民の目線においた政治』の実現に努め、市政をチェックする議会人としての役目を果たし、これからも皆様の温かいご支援を糧に、市政発展のため、努力していく決意です。

戻る